ヤフカテは、情報をインデックスしたがっている

| | コメント(0) | トラックバック(0)

■ヤフカテ登録は、SEOに効くという推測があります。


ヤフカテ
http://dir.yahoo.co.jp/


そして、ヤフカテ登録は難しい。
申請しても見に来てくれることすら希。



経験上、2カ月以上毎週申請を続けても
来てくれないことなんてザラです。。。


で、来たとしても、
まったく相手にされない。


なんでだろー?
と考えてみました。



■ヤフカテは、情報をインデックスしたがっている


最近、毎日登録される新着サイトを観察しているのですが、
ある方向性に気づきました。


それは、「情報のインデックス」。


インデックスというのは、つまり目次。


情報を階層的に管理して、
目次を作る。


その方向性から考察すると、
登録されるサイトもまた、
「情報をインデックスしたサイト」
が好まれるのではないか?


ヤフカテには、毎日のように
地方の歯医者のサイトや芸能人、サッカー選手のブログ、
テレビ番組の公式サイトが膨大な数登録されます。


これらは現在ある社会状況の目録作成といえます。


自分が著名人の場合、法人サービスを運営している場合であれば、
ビジネスエクスプレスで申請することで、一発登録できるかもしれない。


しかし、名もない一個人の場合、
公益性のあるテーマをウェブサイトという形にアーカイブすることが
ヤフカテ登録の近道になる・・・・のではないか。


例えば、今日登録されていたサイト


SMALL GARAGE 64-43
ttp://smallgarage.gun-gun.net/64/


「地下鉄丸ノ内線500形」「新幹線0系」「都電」と
「魔法使いサリー」 を応援するページ
ttp://homepage3.nifty.com/sakapoyosu/


は、特定のニッチなインデックスであると。


逆に、テーマが明確でない、混乱した情報のカタマリや、
無名の一個人の日記などは、登録されにくいのではないか?


というようなコトを考えています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ヤフカテは、情報をインデックスしたがっている

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://affiliate-life.net/mt/mt-tb.cgi/76

コメントする

           

タグクラウド

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

サインイン